メインイメージ画像

インターネットサービスのアクセスを分析するにはツールを使おう

サイトの内容に関係なくインターネットサービスを運用していると、気になるのはアクセス数でしょう。収益を上げるメカニズムが、どのようなものだったとしても、アクセス数が多くあるに越したことはありません。

でも、設置したカウンターなどを見て、アクセス数の分析をするのは、おすすめできません。分析をするための無料のツールがあるので、それを活用するのが、おすすめです。ツールを使えば、自分の手でスプレッドシートにデータを打ち込んだりしなくてよくなります。

さらに、膨大なデータを一括取得出来るので、データをグラフ化して、傾向を感覚的につかんだりも出来ます。インターネットサービスを効率的に運用するには、アクセス分析は、不可欠と言ってもいいぐらいです。分析ツールは、その動作形態の種類で大きく2種類に仕分けされます。

1つ目は、Webサイトに埋め込んで動作させるタイプのツールです。ネットの検索エンジンを運営する会社などは、そういった方法で活用するアプリなどをフリーダウンロード出来るようにしています。

ネットサービスの情報を、自ら編集しなければならないため、導入の難易度は、少し高いですが、一度、導入をしてしまえば、半永久的に動作し続けられます。常時、アクセス分析をしたい時に、とても役立ちます。優れた分析ツールの場合は、利用者の性別や年齢、使用ブラウザ、OS、インターネットサービスの活用時間帯といったことは、大体正確に分析出来ます。分析で得たものを元にして、目標を絞ってインターネットサービスを運営していくことが出来ます。

2つ目はWebサイト上で実行出来るタイプのツールです。

これは、ソースの直接編集は必要なく、ホームページのURLを入力すれば、即座に分析の結果を返してくれるというものです。動作の分かりやすさについては、1つ目のタイプより優秀です。ただ、リアルタイムにアクセスを分析出来るというわけではなく、大雑把な月間アクセス数の分析が可能なだけなので、機能面では負けてしまいます。自らのインターネットサービスの分析ではなく、競合するインターネットサービスの動向を、チェックしたい時に使うのがおすすめです。

更新情報